試飲ができる、ゆっくり選べる、だから見つかる!
あなたにぴったりのお酒に出逢える、こだわりのお酒専門店「SAKEOH 酒逢(さけおう)」です。


Facebookページの、なんと【英語版】を開設しました!

SAKEOH酒逢のFacebookページ英語版はこちら
ちなみにSAKEOH酒逢のFacebookページ日本語版はこちら
地球儀
社員が私1人だけ、妻が手伝ってくれて、やっとお店の運営ができてるこの現状で、まさかのFacebook英語ページ開設です。

既に友人から

「大丈夫かよ?」
「ちゃんとやりきれるの?」
「酒屋2ヶ月目でFB英語ページ?優先順位、だいぶ間違ってない?」
「その前にネット通販サイト早く作れよ」

と心暖まる(?)御祝いのメッセージが寄せられてます。嬉しい限りです。

大丈夫なんです。ちゃんとやりきれるし、優先順位も間違えてないんです(意地)。

SAKEOHのミッション:「美味しいお酒と出逢う喜びと驚きを、もっともっと多くの方々に提供すること」。

sakeoh-logo

だからこれまでの店舗営業では
  • クオリティが高く、個性があって、
  • でも価格はお手頃な銘柄を、
  • 有名無名問わず取り揃えて、
  • 無料試飲をベースとして、
  • 分かりやすく商品説明を差し上げる。
そうして「”こだわりのお酒”に興味はあるんだけど…」から踏み出せない方にも、「お酒って美味しい!面白い!」と感じて貰えるようにと、お客様が「自分にぴったりの美味しいお酒」と出逢うまでのハードルを取り払うのが、SAKEOHの仕事だと思ってお店を運営してます。

そしてSAKEOHが提供するサービスの対象となる「もっともっと多くの方々」の中には、当然外国人の方々も含まれています。

「日本人でも難しい「美味しいお酒探し」、いはんや「外人さん」をや」by親鸞聖人(大嘘)

しかし外国人、特に日本語がわからない方にとって、自分にぴったりの美味しいお酒と出逢うまでのハードルは更に多く・高くそびえています。

残念ながら日本の「こだわりのお酒」に興味がある非日本語話者にとって、言葉は非常に大きなハードルです。
特に漢字が読めない人にとっては、日本酒・焼酎の商品ラベルからして大問題です。商品名はほとんど漢字ですからまず内容が理解できません。
ラベル上の漢字のブランド名を、無理矢理「ブランドロゴ」「形」として認識したとしても、その横に小さく「純米吟醸」と書いてあるか「特別純米」と書いてあるかで味の方向性は全く違います。

また、例えば「百寿」「千寿」「萬寿」「碧寿」のような場合も、漢字が読めなければ、品質のランクを認識する事もできません。
一生懸命漢字を習得したとしても、お酒を深く理解するには、専門用語や生産工程などを体系立てて理解する必要があります。

今私がブログでシリーズものとして「日本酒用語解説」を書いてるくらいですので、日本人の中でもきちんと説明できる人は少ないのでは…と思います。

つまり、外国人の方が日本の「こだわりのお酒」に興味をもってもらったとしても、その本当の楽しさ、深さを知って貰える可能性は非常〜に少ないです。
日本の居酒屋で「萬寿」を飲んで「日本酒は美味しい!」とびっくり、帰国後に現地で売っている「百寿」を飲んで別の意味でびっくり、なんてことがあり得ると思います。

日本語NGな外国人の「美味しい日本のお酒探し」、おそらくベストな方法は「SAKEOHで試飲」

ただSAKEOH酒逢に来店すれば、それらの問題は一気に解決してしまいます。
なぜなら試飲して、美味しいと思った味をチョイスするだけなので、ラベルから何かを読み取る必要は皆無。極論すればラベルを見る必要もないです。
そこまでなら、試飲を提供している酒屋ならどこでも可能。
しかしSAKEOHであれば、気になったお酒の商品情報を、その場で私が直接説明差し上げることができます。

都内に何軒「こだわりのお酒」を売る店があるかは不勉強で把握してませんが、これほど外国人が日本のお酒を理解する入り口として適したお店は無いと思います。

酒販店 + お酒の知識 + 言語、それまで別々に考えていた要素だったのですが、繋ぎ合わせれば、外国人の方の日本のお酒理解に深く貢献できるのでは?日本の文化発信にもなるのでは?
どの程度、「日本のお酒を深く知りたい」というニーズを外国人の方がお持ちか、全くの未知数ですが…、しかし「世界規模での和食ブーム」とそれに伴う「日本酒ブーム」、これから「2020年の東京オリンピック」に向けて、これは面白い流れになるやもしれん!
と、ハッと思い立ち、大急ぎでまずはFBの英語ページを立ち上げたような次第でした。

ということで、英語版FBページ立ち上げのご報告でした!

以下に、今回のエントリの英語版を記載しておきます。
もしお友達に「日本のお酒」をもっと知りたいと思っている非日本語話者の方がいらっしゃいましたら、このブログエントリをご紹介して頂けると嬉しいです!

それでは
——————————————————————————————————————

SAKEOH酒逢, just opened FaceBook page in English.

Click here to SAKEOH酒逢 Facebook page in English
sakeoh-logo
We are Sake specialty store just opened in Nov2013 at Kanamachi, Katsushika-ku, TOKYO.
Our mission is to provide "joy" and "surprise" when people find out favorite SAKE, to all over the world.
In order to achieve our mission, we always provide "FREE TASTING", and have "Monthly SAKE Events” at store.

Difficulty to know about SAKE for non-Japanese speaker

頭でっかち
We feel regret that there is little difficulty to know about Japanese sake to non-Japanese speaker at this moment, because almost all of information is written in Japanese, even though many foreiners are interested in Japanese SAKE and Food Culture.This is the reason why we opened this FB page.

Incase you can’t understand “Chinese Character” in Japanese, difficulty get bigger.

For example, when your friend ask you to buy “SAKE” as souvenirs, and tell you a brand name and the taste was “sweet” like white wine.
At sake specialty store, you will be seeing many kinds of bottles with same brand logo, but different label color.
If the color of label is different, the taste is totally different even though same brand, because manufacturing process is not same.
You will be needed to understand “Chinese Character”, and recognize accurately not only to “brand logo”, but also “type of manufacturing process” written in beside of brand logo.
Otherwise, you might choose “bitter” one, as souvenirs to your friend.
(SAKE has 8 types of manufacturing type, and 4 type of flavor) 

Best solution is to visit “SAKEOH酒逢”

正月酒祭前夜
However, don’t give up to know about SAKE.
We believe, “SAKEOH酒逢” is the best place to know about SAKE for non-Japanese speaker.
Because, as mentioned above, we alway have “”FREE TASTING at store.
And more, Shop owner has qualification of “SAKE ADVISER” speaks English and Chinese, will help you to choose your best sake.

Please stay tuned to future activities of “SAKEOH酒逢”

We will keep providing information from this FB page, not only about SAKEOH酒逢's activities, but also about "How to enjoy SAKE", "Japanese SAKE Culture", or "Japanese Food Culture" etc...

We are glad if you have further understanding though our information, and if you know much about sake through your "SAKE EXPERIENCE" at our store.
Please feel free to visit us, and enjoy "SAKE EXPERIENCE"!

Thanks