試飲ができる、ゆっくり選べる、だから見つかる!
あなたにぴったりのお酒に出逢える、こだわりのお酒専門店「SAKEOH 酒逢(さけおう)」です。

 「敬老の日ギフト試飲会」に関連する記事です。ぜひ併せてお読み下さい。

9月15日は「敬老の日」、楽しく敬老しましょう

敬老の日2

試飲会の詳細

  • イベント名 / 「敬老の日ギフト試飲会」
  • 表のテーマ / 「老いも、若きも、贈る人も、贈られる人も一緒に参加!『これ、一番美味しい!』最高のギフトが見つかる試飲会」
  • 裏のテーマ「人生の大先輩に、こんな美味い酒があったのかとビックリしてもらう試飲会」
  • 会期 / 2014年9月13日(土)・14日(日)・15日(祝)
  • 試飲銘柄 / 現在選考中、少なくとも25銘柄以上(確定次第、当ブログで発表します!)
  • 時間 / 13:00〜17:00
  • 場所 / SAKEOH酒逢店内
  • 住所 / 東京都葛飾区金町3-19-10
  • 電話 / 03-5876-6595
  • 会費 / 500円(敬老の日特典:「贈られる人は会費無料!」)

お爺ちゃん・お婆ちゃん、ご家族一緒のご参加も大歓迎です。

SAKEOH酒逢からも、僅かばかりの敬老精神ですが、今回の試飲会は「贈られる人、会費無料」。ご本人が複数種類を飲み比べ、「一番美味しい!」と思ったお酒に勝るギフトはありません。お爺ちゃんお婆ちゃん、なんならお孫さんとご一緒に気軽に遊びに来てくれると嬉しいです。
立ちっぱなしにならないよう、椅子も多めに準備しときます!

ギフト包装も、発送も承ります

敬老の日用のギフト包装も準備しております。もちろん当店から全国への発送も可能です。

日本酒・焼酎はもちろん、「果実酒」も多数

私の勝手な先入観ですが、特にお婆ちゃんに「焼酎は絶対無理、日本酒もちょっと、でも梅酒なら」という方が多いような気がしてますので、果実酒のラインナップも充実させようと思ってます。

車でのご来店と駐車場に関して

企画趣旨に賛同して頂き、「お爺ちゃん・お婆ちゃん、ご家族と一緒」となると、お車でご来店頂く方も多いと思います。

飲酒運転、ダメ絶対

ご一緒に入店されるご家族の方でも、試飲をされない方から会費を頂く事はありません。必ずハンドルキーパーを決めておいて下さい。くれぐれも飲酒運転はなさらないように強くお願い致します。

駐車場に関して

当日の運営を考え、SAKEOH酒逢の駐車場はまことに勝手ながら使用不可とさせて頂きます。
近隣の駐車場はこちらでご確認下さい。

下記の4つが最寄り、一番近いのはヴィナシス金町の駐車場となります。

  • タイムズ金町第16 葛飾区金町5-26 08:00-00:00 20分 100円 他 10台
  • 葛飾区金町南駐車場(ヴィナシス金町) 葛飾区金町6-2 08:00-22:00 60分 400円 他 256台
  • NPC24H金町6丁目パーキング 葛飾区金町6-12 30分/100円 他 11台
  • NPC24H金町6丁目第2パーキング

上記が今回の試飲会の「表のテーマ」と概要のご紹介。

では「裏」テーマは…

裏テーマ:人生の大先輩に、「こんなに美味い日本酒があるのか」とビックリしてもらおう!

ここから先は日本酒に限定した話になります。

別に最近充実してきた当店の品揃えを過信して、天狗になってした発言じゃないです。今から説明します。

世代によって日本酒に対しての印象に大きな開きがある

多くの方は「お爺ちゃんお婆ちゃんは、人生経験豊富だし、昔の方が日本酒たくさん飲んでたんだから、美味しいお酒だって自分たちより知っているに違いない」とお思いかと思います。
しかし一概にそうとは言えない、と言うかむしろ高齢の方ほど、「日本酒を美味しいものだ」と思っていない疑義があるんです。

まずはこの年表を御覧ください。
(写真をクリックするとpdfが開きます。pdfが開けない方はこちら

日本酒年表(小)


これは今現在80歳の方、70歳の方、60歳・50歳・40歳・30歳の方が、どういった時代の流れの中で、どんなお酒を目にして、味わって来たかを理解するために…

西暦と年号に沿って

  • 歴史的な出来事
  • お酒にまつわる出来事・トピックス
  • その時の状況やブーム、傾向

を日本酒を中心にまとめた表です。

お爺ちゃん・お婆ちゃんは日本酒は美味しくないものと思ってる!?

80代・70代の方、若いころ飲んでいた日本酒は高確率で「三倍醸造酒」

戦後、物資不足は改善されて来たにも関わらず、1970年代に入るまで、「三倍醸造酒」が日本酒市場の主流でした。水で薄め、醸造アルコールを大量にぶっ込み、さらに糖分を添加する「三倍醸造酒」ですから、美味しいわけないんです。

今の80代、70代が日本酒デビューし、それからしばらく飲み続けていたのは、そんな混ぜ物どっぷりの「三倍醸造酒」だった可能性が高いわけです。

私の父(70歳代)は今でも元気な現役の酒飲みですが、日本酒に関しては飲みもしないで「日本酒はどうもダメなんだよなぁ〜」なんて言ってます。不味い酒の思い出がトラウマになっているのかも知れません。

改善の兆しが見え始めるのは、1970年の地酒ブームから以降

1970年代の初頭に「端麗辛口」をキーワードとして、越乃寒梅、久保田が牽引した地酒ブームを迎え、ようやく今で言う「本醸造」や「純米酒」の生産が徐々に増え始めます。(しかし、状況はそんなに急には変わらない。今ですら「普通酒」の製造量は日本酒全体の製造量の65%以上!推して知るべし!)

しかしこの戦後〜1960年代に美味しい地酒が皆無であった訳ではありません。「剣菱」「白鷹」「菊正宗」はこの頃のこだわりの地酒市場を牽引して、全国規模のナショナルブランドとなっています。この頃は「灘の生一本=辛口」が流行りだったようです。

しかし、かく言う37歳の私も、日本酒デビューを振り返れば…

私の日本酒デビューも惨憺たるものでした。20歳そこそこの若造が行くような安居酒屋ですので、メニューに銘柄の記載など無く「日本酒」とあるだけ。味もわからず友人とガブ飲みした翌日は地獄のような頭痛に襲われたのを覚えています。
しかしそれでもアレは三倍醸造酒では無く、普通酒でした。

三倍醸造酒飲んでの二日酔いなんか…、考えたくないです。

歴史を振り返ってみると…

今も昔も、身近にある日本酒は、残念ながらイマイチな事が多い。だが「美味しいお酒」は必ずどこかにあった。しかしその情報は限られていて、いつの時代も、それは一部の「通」だけが知っていた。情報が入手しやすくなった現在でも、自分から情報を取りに行き、自分でリスクを取って色々試してみなければ、美味しいお酒とは出逢えない。
(※SAKEOH酒逢にご来店頂ければその限りではありませんが…)

結論:お爺ちゃん・お婆ちゃんは「日本酒はそれほど美味しいものでない」と思ってる可能性大

確実に言えることは、「お爺ちゃん・お婆ちゃん世代は、現在とは比べ物にならない程、粗悪な日本酒が多く出回っていた時代に酒飲み現役まっただ中であった」ということ。

そしてこれは推測ですが、お爺ちゃん・お婆ちゃん世代はあまり「日本酒」というモノに対して、美味しさを期待していない方が多いのでは…?と思うんです。日本酒といえば「三倍醸造酒」か「普通酒」のことで、どれを飲んでも、驚くように美味しいお酒には出逢わない。日本酒ってこんなもん。良い日本酒は高い日本酒だけ。自分とは関係ない。そう思い込んでらっしゃる方、相当数いるのでは…?と思います。

しかし実際、今の日本酒品質レベルは以前とは比べ物にならないほど向上し、百花繚乱状態

生産設備のレベル向上、醸造技術の向上、流通のインフラ、また消費者ニーズの多様化に対応して多様な商品…、様々な要因がありますが、間違いなく歴史上最も花開いている状態。高級なお酒でなく、普段使いの個性溢れるお酒がたくさんあります。

私の仮説が正しければ、お爺ちゃん・お婆ちゃんの持っている日本酒に対するイメージ、現在の当店に並んでいる日本酒の実力には大きな乖離があるのでは…と思うわけです。

提案:ぜひお爺ちゃん・お婆ちゃんをSAKEOH酒逢の試飲会にお連れして下さい

年齢を重ねると、どうしても保守的になりがちですが、

「お酒はいつものアレでいいよ…」「俺はコレが好きなの、コレしか飲まないの!」という方も多くいらっしゃると思います。今更あれこれ生活スタイルを変えたくない気持もわかります。

そういう方にこそ、最近の日本酒はこんなに美味しいという事を知って欲しい

でも勿体ないと思うんです。こんなに楽しい世界を思い込みでスルーしちゃうの。ただ、その思い込みを解きほぐす事ができる機会はそうたくさんあるわけじゃない…。SAKEOH酒逢の試飲会だからであり、敬老の日のイベントであるからであり、気軽に来れるワンコイン試飲会だからであり、「贈られる人無料」特典があるからだと思うんです。

日本全国から厳選した日本酒を取り揃えてお待ちしておりますので、きっと嬉しい驚きに満ちたお爺ちゃん・お婆ちゃんの顔とリアクションが見れると思います。

ということで、裏テーマの説明も以上。

以下は試飲会の一般的な注意事項となります。

注意事項として…

注意事項 法令遵守の観点より下記2点は必ずご了承の上、ご参加下さい。 ご協力をよろしくお願いいたします。ご不明点はお問合せください。

20歳未満、車を運転する方はご参加いただけません

20歳以下の方は試飲会にご参加できません。20歳以下の方にお酒を販売することもできません。年齢確認をさせて頂くことがあります。予めご了承下さい。 また当日お車を運転される予定のある方、試飲会へのご参加はご遠慮下さい。 上記2点に関しましては、試飲会への参加前に、必ずチェックとご署名を頂いております。 お手数をお掛けしますが、ご理解を頂けますよう宜しくお願いします。

「試飲の飲み過ぎ」に、くれぐれもご注意下さい。

試飲会の趣旨はあくまでも「試飲」です。 試飲に範囲を超えて、明らかに飲み過ぎであると当店が判断した場合には、残念ながら退店をお願いすることもございます。ご了承下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしております

お酒に詳しい方、全く知らない方、どちらも大歓迎です。 お酒を味わうのに知識は必要ありません。 美味しければ「美味しい」、自分に合わないなら「合わない」でそれが正解です。

ご要望であれば当店スタッフがご説明致します。 ご家族と、ご友人と、ぜひとも気軽にご来店下さい。

ご来店を心よりお待ちしております。

それでは